2014年1月25日土曜日

中国ドラマ【女人帮】(1-10)

トレンディ()都市ドラマ【女人帮】です。
抗日ドラマや武侠ドラマばかり見ていますと、いまどきの中国語会話で使わないようなフレーズが多いので現代モノドラマも見るようにしています。



都市ドラマの定番、行き遅れ女の話です
熟女好きにはありがたいですけどね

凱西 ワーカホリック
演じる梁静さんはキッつい女役が多いですね

陳青霞
サロンの店長

毕然
英語教師

小儀
バツイチタクシー運転手

朱莉
カネカネ女、どう見ても四十路越え永遠の28歳

マンションのエレベータで方格と知り合う

青霞のサロンで友達の結婚式

美容師の路易
定番のオカマキャラ

朱莉が喧嘩を始める

毕然と孟凡喧嘩別れ

サロンの番頭は李明珠オバハンだ
今回は出番少ないです

シーンの切り替えはボストンリーガルのパクリです


孟凡出国


北京郊外のバンジージャンプ
大都市なら何でもある

方格の父親、方建華

方建華から見舞金をもらう

毕然、おばさま方からお見合いの紹介

朱莉、方格の金で整形


パキスタンと言われながら商談に

社交ダンス、乗馬、京劇は中国女優の必須科目

方格、親にカードを取り上げられる


アメリカ帰りの杰克が凯西の部下に


青霞といい感じだったダンス教師の顔鳴鳴、突然いなくなる

毕然、小説家の高明とお見合い

凯西、孟凡の求婚を断る

孟凡出国

傷心の青霞、墓参りに

青霞、幼馴染の杰西と再会

孤児院で子供たちを世話する


スケベな金社長と食事をしてると奥方が来て修羅場に

ここは何処でしょうか?雲南?

方健華から地上げの要請

さっそく地上げに王おばさんの四合院へ

王おばさんは若いころ「サンザシの木の下で」みたいな経験をしたので
みんなで老三役だった人を探すことに



隣がうるさくて壁ドンしたら杰克だった

方格は自営で親から独立するつもり



タイミングの悪さでは定評の高明


高明と毕然、一緒に暮らしてみることに

杰克を見た青霞の様子がおかしい

ラジオCMをしたら老三役が集まり過ぎた

杰克は青霞の元婚約者の弟だった

王おばさんの件で騒ぎが大きくなる

老三だと思ったら李委員の息子だった

朱莉、クビになりかける

王おばさんの老三、見つかる

みんなで王おばさんをお祝い

カメラマンの杨光に色目を使いまくる

朱莉、地上げ成功で出世