2014年4月29日火曜日

抗日ドラマ【壮士出川】(1-10集)

久々の抗日ドラマです。民国時代地方軍の戦いを描いています。
川军(民国时期四川地方军队) 十大雑牌軍の一つだそうです

重厚なオープニング

第二次上海事変に四川軍派遣

主人公の張抗
四川から上海まで徒歩で移動

ボロ負け



ライバルとなる参謀楊彪

やっぱり大刀突撃

私の地元の三師団も参戦

日本軍側ライバル橋本と藤田

砲兵運用が得意な橋本
観測気球をあげる

正確な砲撃で損傷多数


四川軍に合流する楊彪に特務大尉葛薇が同行



観測気球を狙撃


橋本、川軍の装備のしょぼさに納得

藤田、手りゅう弾でけが

中央軍からの補給がなくて怒る団長


いきなり射殺


日本軍の猛攻で腕をふっとばされる団長

団長戦死

張抗を探す

玉砕寸前で援軍が来る

イギリス陸軍みたいなヘルメットは広西派桂軍

撤退命令が下される

張抗、命拾いをする

抗日学生デモ


張抗戦死者名簿に載る


葛薇、少佐昇格、憲兵になる

四川軍、新兵訓練

新四軍に助けられる


中央軍のトラックで帰隊

軍紀乱れまくり

いったん実家に帰る

正式帰隊

訓練中も阿片OKの呉天禄



地獄の訓練開始

阿片完全禁止に

葛薇から尋問

楊彪、お見合い


銃剣術で勝負


大目に見ていた靳団長も阿片禁止を宣告


新兵の嫁が旗を持ってくる

次は山西省太原の日本軍侵攻を食い止める

対する橋本も万全の態勢

また山西まで徒歩で移動

行き倒れのおばさんを助ける

村で休むことに

村の鍛冶屋で刀を作る、三国志のころと変わらない

橋本の待ち伏せにあう


和尚が敵を殺さないので問題に



橋本を狙撃する葛薇

説明を追加

八路軍に援護され窮地を脱出




村に戻ると皆殺しにされていた

おばさんの娘も殺された

戒律をやぶり殺しまくる和尚

勲章をもらう

張抗を認める呉天禄

八路軍の講義

八路軍の劇を見て本気にする黒娃

補給食が欠乏

味方の山西軍から横取り


糧食強奪で葛薇が逮捕に来る


師団長の一言で無罪放免

平遥を偵察

和尚、つい手を出してしまった


平遥城内で市街戦

離山の計にはまった


平遥奪取成功


戻ってくる日本部隊を待ち伏せ

平遥入場