2014年8月28日木曜日

抗日ドラマ【 神枪之倒刺】(1-10集)

中国ドラマ【 神枪之倒刺】(1-10集)

「枪」がつくタイトルなんで期待して見始めました。新四軍遊撃隊、軍統、警察局特務、日本軍が入り乱れてバトルする話ですーーーー>いつもと同じといわないで、微妙に違うんで><
場所は中蘇と言ってたり蘇州に帰ると言ってたりするので江蘇省あたりかと思います。

舞台は1945年早春、場所は白城という町

良心的日本人w田中
日本軍の軍事機密を奪って逃走中

白城司令官小田大佐

1945年なのにビデオ録画の画面になったww

田中を迎えに来た地下党員老沈

特務に取り囲まれる田中

特務を狙撃して田中を救う謎の女

憲兵隊長の秋野少佐

警察署長の廖一清

特務の楚強科長

軍統白城局長の女

白城に入ろうとして日本軍に追われる彭秀女

やっと登場主人公江文山、根拠地で鳥を捕まえてるところ

江文山の必殺武器w
刃物のついた円盤を投げて一瞬で日本軍を倒す

田中確保に白城に行くことになる

白城地下党員老楊
いつもの役者だけどメガネをかけてないw

地下党員老華

文山のせいでアジトがバレる

廖署長を殺そうとして捕まる

報仇とか言ってる

廖署長の娘春暁、新聞記者

特務に追われて暖姑の旅館に逃げ込む

片目のおっさんが文山を迎えに来る


文川と暁は幼なじみの許嫁

暖姑に田中を預ける

一旦根拠地に戻る


彭秀女と夫婦になりすまして白城に戻る

老楊、肥桶運びに化けてたところを捕まる

彭秀女、旧アジトに行ったところで捕まる

廖署長に秀女を釈放するように頼む

出ました磔シーンw


釈放されて廖府に行くが春暁に意地悪される

日本軍林通訳

疑り深い楚科長


文川と秀女の部屋を覗く春暁

イチャつくところを秀女に見せつける春暁

鏡を投げて特務を倒す

楚鏡を投げて殺害する手口をやくざの胡爷に聞きに行く

やっぱり春暁が軍統局長だった



蘇州に行くことにして廖府を出る

裏切った老華が楚科長の命令で引っ掛けに来る

春暁も罠を掛けに行く

文山を引っ掛ける寸前で老華が狙撃される


楚科長、廖署長に怒られる

文山、楚科長に共産容疑で引っ張られる

牢屋でさっそくヤクザ者と喧嘩

ヤクザ者を使って釣ろうとする楚科長


文山、釈放

老楊、頭を打って基地外になる



騙されて田中を見逃してしまう楚科長

基地外のふりだった老楊

廖署長に通行証をもらうも喧嘩

牢屋で会ったヤクザと町で再会

暖姑の知り合いの埠頭のやくざに会う
いつもの役者

秀女が誘拐される

誘拐をヤクザの阿片取引のせいにする
阿片を見逃す代わりに廖署長暗殺を引き受ける

早速裏を取る楚科長

一足早く胡爷に頼みに行く


秀女は取り戻した

文山、夜中に廖府に忍び込み廖署長をメッタ刺し

大量の人足に田中を紛れ込ませる作戦


廖署長の葬式、棺桶に田中を隠す

楚科長のガサ入れ、基地外のフリした老楊が乱入


やっぱり廖署長死んでなかったw



文山が田中を連れ出すのをお見通し

葬儀の列は郊外へ

秋野の待ち伏せ


田中を逃がすが春暁を助けて戻ってくる

田中を根拠地に送り届けることはデキた

田中に逃げられたので春暁は停職

0 件のコメント:

コメントを投稿